脳内書誌データ増量計画

自分の中の脳内書誌データを増やす計画続行中です!そのためにガンガン読んでデータを蓄えるぞお~!

柿の種のおいしい食べ方

木曜日, 4月 10, 2014 | 8:55 pm

数年前自分と友達の間では、柿ピーチョコが流行っていて、よくおつまみやおやつとして食べていいたものです。普通の柿の種もおいしいですが、柿ピーにチョコレートがコーティングしてある柿ピーチョコは甘くておいしくて、柿の種の塩気とチョコレートの甘さが絶妙で、食べ出すと止まらなくなってしまうのですよね。
そんな柿ピーチョコが先日行った100円ショップに売っていたので、懐かしくなって買ってみました。それを食べた母親はとても気に入ったようです。今まで食べたことがなかったようで、珍しいものだと思い、父親には少ししか食べさせず自分のものとして確保していた姿は、子どものようでかわいかったですね。スーパーにも売っていることを教えてあげると、とても喜んで安心して父親にも分けてあげていました。
柿の種などの乾きものは、おつまみになっておいしいですね。私は柿の種とピーナッツを一緒に食べるのが好きです。そういった方法でしか食べたことがなかった柿の種ですが、先日知り合いの家で新しい食べ方を教えてもらいました。柿の種にマヨネーズをつけて食べるのです。そんなこと考えもしなかったので、驚いてしまいました。でも、なかなかおいしく、後を引いてしまいました。柿の種にもいろいろな食べ方があるのですね。

—admin | コメントは受け付けていません。
(posted in Life)

女性専用車両のメリット

金曜日, 3月 28, 2014 | 4:54 pm

先日、たまたま乗った車両が女性専用車両でした。気づかずに乗っていたのですが、何となく不自然な感じがして周りを見ていると、みんな女性です。滅多に女性専用車両に乗ることはないので、不思議な感じがしましたね。
満員電車などで込んでいる時に、男性とくっついてしまうのは、何となく抵抗がありますよね。私は背が低いので、満員電車に乗ると、たいてい背中に囲まれています。あまりにもぎゅうぎゅうだと、背中に口紅がついてしまうのではないかと、気が気ではありません。男性の背中には圧迫感があって、押しつぶされそうになるのも怖いです。
女性はいろんな意味で満員電車では困ることもありますが、男性にとっても困ることがあるようです。満員だと女性にくっついてしまう場合もあるわけで、そんな時には痴漢呼ばわりされないか、痴漢に間違われないか、とヒヤヒヤするそうです。万が一痴漢に間違われでもしたら、大変なことになってしまいますよね。知り合いの男性は満員電車に乗る時には、両手を上に上げている、と言っていました。男性も楽ではないですね。
男性がいるから、電車に乗るのは嫌だとは思いませんが、女性だけの車両というのもほっとするものですね。少しでもストレスがなく電車に乗れるのはいいことです。

—admin | コメントは受け付けていません。
(posted in Book)

お土産の催促はした方がいいのか?

日曜日, 3月 16, 2014 | 8:20 pm

知り合いが旅行に行くという時、「気を付けていってらっしゃい」とは言うものの、その後「お土産いらないからね」とか「お土産待ってるね」と言っていいものかどうか、迷ってしまうことがあります。親密度にもよるのかもしれませんが、仲がいいからといって、必ずお土産を買ってくるか、というとそうでもなかったり、あまり親しくはなくても、旅行に行くと必ずお土産を買ってくる人もいます。いくら親しい友達でも、“お土産”のことを口にしていいものか、はたまた言わない方がいいのか、いつも迷います。
旅行、と言うとお土産、はつきもののような気もするので、お土産のことを口にしないと、かえってしらじらしいかな、とも思うのです。口に出さないけれど、心の中ではお土産を待っているのだろうな、と思われるくらいなら、先に「お土産楽しみにしてるね」くらいは言ってしまった方が、お互い気が楽なのでは?と思うこともあるのです。
お土産は旅行の場所にもよるかな、とも思うのですが、どんなに遠くに行く場合でも、お土産は買ってくるもの、とは限らないですね。たかがお土産のことで、これほど悩むのは、自分はどこに行っても、あまりお土産を買ってくる方ではないからでしょう。決してケチではないのですが、お土産を買うのってめんどうなんですよね。でも、お土産をもらうとうれしいような気もします。今度からはお土産も考えてみるのもいいかもしれません。そうすれば、「お土産買ってきてね」という言葉にそれほど悩まなくなるかもしれませんね。

—admin | コメントは受け付けていません。
(posted in Life)

チョコレートは新鮮なうちに食べよう

土曜日, 3月 1, 2014 | 11:19 am

どうしてもチョコレートが食べたくなり、家の中を物色していたら、封の開いたチョコレートビスケットを発見。着替えてチョコレートを買いに行くのも面倒だったので、とりあえずそのチョコレートビスケットで我慢するか、と思い一口食べてみたら、味が何となく変だったのです。変といっても、何か混入物が、というような大げさなことではなく、チョコレートの味が新鮮ではなかったのです。賞味期限は大丈夫のようですが、やはり、封が開けてあったのでそのせいで味がおちてしまったのでしょう。チョコレートも味が落ちるのだな、と考えれば当然のことを思いながら、ちょっと残念な気持ちになりました。
そして自分は、再度残念な気持ちにさせられてしまう事態に陥ることになるのです。それは最近スーパーで見つけた、お気に入りのチョコレート。一気には食べられないので少しずつ食べていました。そのチョコレートは一つずつ包装紙にくるんであるので、数日経っても味が落ちることはない、と安心していました。ところが、ある晴れた日、そのチョコレートがとても日の当たる場所においてあるではありませんか。案の定、柔らかくなっていました。その時は食べずにおいておき、固まってから食べてみました。しかし、買ってまだ間もないのに、チョコレートの味が違っています。やはり、一度溶けてそのまま固まったチョコだからでしょうか。
チョコレートは新鮮なうちに、できるだけ早めに食べよう、と強く思いました。

—admin | コメントは受け付けていません。
(posted in Life)

自分でできる風水

金曜日, 2月 28, 2014 | 5:52 am

おまじないや占いは、いいことだけを信じる方です。占いはけっこう好きです。ちょっと種類が違うかもしれませんが、風水にも興味を持ったことがあります。風水の本は本屋さんにはたくさんありますが、正確にしっかりとはできないものの、取り入れられるものは、取り入れてみようかな、と思い、さっそく玄関掃除を始めました。
玄関はいつもきれいにしておかないと、悪い気を呼び込んでしまいます。あとは、水回りの掃除もきちんとすることが大事。トイレやバスルームなど、汚れを落とす場所はきれいにしておかなければなりません。風水は方角も大事ですが、東西南北はよく分からないのでそれは気にしないことに。できるのは掃除だけ。でも、掃除をしてキレイするという考えは、とてもいいものです。掃除はきちんとしよう、と思いました。
ところが、玄関掃除を毎日していても、何もいいことはありません。何か運気がアップしている気もしないし、と思い玄関掃除もさぼりがちに。でも、何かいいことがあると期待してやるものではないですよね。いいことがないから玄関掃除をしないなんて、本末転倒です。そこは反省し、風水に関係なく、玄関は常にきれいにしておこうと決めました。余計な靴が何足も玄関に置いてあるのは、見た目もよくありません。いつもきれいな玄関は気持ちがいいものです。

—admin | コメントは受け付けていません。
(posted in Life)

指名できるのはうれしいこと

日曜日, 2月 16, 2014 | 12:03 am

何事も指名される方はうれしいもののようです。美容院では私は10年以上も同じ人を指名いてやっていただいていました。もうそれだけの年月ご指名していれば、私の髪の毛のことは、私よりも知っているはずです。特に美容院など髪のことは、最初の美容院に行くと詳しく説明しなければならないので面倒だし、きちんと伝わるか不安です。でも、いつも同じ人であれば、何も言わなくても髪のこともどのような髪型が好きか、など好みまで把握してくれているので、安心して任せられます。
私の通っていた自動車教習所も、指名制度を取り入れたのです。私が通っている途中でできた制度で、教習所の先生方も初めての取り組みだったようです。教習所の先生は怖い先生もいたし、誰に当たるかは行ってみないと分からないのでとても不安でした。そこでできた指名制度。さっそく二人の先生を指名させていただきました。一人の先生はとても意外そうな顔をしていましたが、内心とてもうれしかったようです。指名があるのとないのとでは、大きく違いますよね。その先生は不愛想で生徒からそれほど人気のない先生だったのですが、私にとっては怖いイメージがなく、信頼できる指導だったのです。指名制度のおかげで、安心して教習を終えることができました。

—admin | コメントは受け付けていません。
(posted in Like)

我が家の噛みつき猫

月曜日, 2月 3, 2014 | 12:00 pm

我が家には“噛みつき猫”がいます。家では一番の長老。体も一番大きい雌猫です。子どもの頃は今のように噛みつくことはなかったと思うのですが、他の猫が増えるにしたがって、何かが面白くなくなったのでしょうか。やたらと噛みつくのです。やたらと、と思っているのは人間だけで、猫にしてみれば、何かを訴えているのかもしれないのですが、それがイマイチ分かりません。
例えば寝ている時。おもむろに近づいて、足や腕にかみつきます。最初は甘噛み。それが起きないと徐々に強くなり、ひどい時には歯型が残ります。彼女が鼻の頭を押し付けてきたら要注意です。また、いつも彼女が座るイスがあるのですが、それは私の仕事用のイス。仕事をする際には私が座ります。いつもそこで寝ている彼女をどかして他のイスに寝かせます。しばらくはそこで寝ているのですが、数時間すると私のところにやってきて、「ニャー」と一言。無視していると、イスのひじ掛けにつかまり、私の腕に噛みつくのです。これは明らかに「どけ」と言っているのでしょう。
彼女が焼きもちを焼いているのは確かです。他の猫ばかりかわいがっていると、トイレではないとことにそそうをします。分かっていてやっているとしか思えません。噛みつくのは、彼女の自己主張だと思います。できるだけ、聞き入れてあげなければ、と思います。

—admin | コメントは受け付けていません。
(posted in Life)

意外と外に行くのが好きな猫

火曜日, 1月 28, 2014 | 5:03 pm

『吾輩は猫である』『長靴をはいた猫』など猫を題材にした本はたくさんあります。絵本などにも、猫が出てくることが多いですね。本に登場する猫は、賢い猫が多いですが、個性的でつかみどころがないのは、家で飼っている猫も同じです。猫は不思議な生き物ですね。
ペットでも人に媚びないし、自分勝手だし、気分次第で行動します。ある時には、しつこいくらい足にまとわりついて甘えるのに、ちょっと経ったらいくら呼んでも、こちらを見ることもしない、なんてことはよくあること。びっくりマナコのようなまん丸目で見つめることもあれば、ギロっとした目でこちらを見ることもあります。
猫は時に、忽然と姿を見せなくなることがあります。外に行っても、必ず帰ってきていたのに、ある日帰ってこなくなり、そのまま姿を消してしまうのです。猫は自分の死ぬ姿を見せない、とも言われていますが、帰ってこなくなる理由はそれがすべてではないようです。猫は狭い所に隠れるのが好きですから、どこかに入ってしまってそのまま出られなくなってしまったり、交通事故にあってしまうこともあるでしょう。誰かに連れ去られてしまうことも考えられます。それは悲しいので、あまり猫を外に出したくありません。でも、好奇心いっぱいの目で外を見る猫を見ていると、外に出ちゃダメ、とはなかなか言えません。猫を信じて外に出すのですが、いつも帰ってくるとホッとしています。

—admin | コメントは受け付けていません。
(posted in Life, Like)

プチプラ化粧品で美肌

金曜日, 1月 17, 2014 | 5:22 am

化粧品の値段はピンキリです。特に美容液などは何万円もするものもあります。もちろん高い化粧品はそれだけ成分も濃いでしょうし、肌にもいいものでしょう。でも、高いから自分の肌に合うとは限りません。高くても、それほど肌が変わらない場合もあるものです。それにすべての化粧品にお金を使っていたら、お金がいくらあっても足りません。さらに高い化粧品を買うと、もったいなくてちびちびしか使えないことも。それでは成果が出ないです。特に化粧水などは、お風呂上りにバシャバシャと使いたいもの。そのような使い方ができるのは、安い化粧水です。薬局などに売っている化粧水は、それほど値段が高くないものです。私はそこで、自分の肌に合ったものを使っています。値段を気にしなくてすむので、いくらでも使えます。肌がしっとりするまで、手でパッティングもできるし、コットンパックも十分にできます。気にせずたくさん化粧水を浸すことができまるのです。その上で保湿をしっかりすればいいのですから、肌は健康で、荒れることもありません。
薬局には洗顔石鹸も化粧水も安くていいものがたくさんあります。薬局でいろいろな化粧品を見つけるのも楽しいものです。高くないので、失敗をしてもそれほど気にならないですしね。

—admin | コメントは受け付けていません。
(posted in Book)

焼き物の魅力に感動した日

水曜日, 1月 8, 2014 | 8:59 am

友達が誕生日プレゼントに、陶器のマグカップが欲しい、というので探しに行くことにしました。陶器というと、自分は生け花の花器しか探したことがなく、それほど陶器に詳しいわけではありません。それに陶器と言ってもとてもたくさんの焼き物がありますから、どのような陶器が欲しいのか聞いたところ、波佐見焼だ、と言うのです。
波佐見焼は長崎県の陶器。名前は聞いたことがあったのですが、どのような特徴があるのか分からないので、ネットで調べ、波佐見焼が置いてあるショップを回ることに。しかし、波佐見焼はあっても、マグカップとなるとなかなか見つからず、あっても「う~ん」とちょっと納得できなかったので、探すこと7つのショップを回りました。そして最後に行ったショップが、波佐見焼専門店だったのです。
波佐見焼というのは、自分の見解ですがとても繊細な焼き物、という印象です。淡い色が多く、白を基調に焼いてあるものが多かった気がします。もちろん、色のついたものもありました。その色合いはとても優しく、美しいものです。
足は棒のようになって体は疲れましたが、美しい物をたくさん見ることができて、そして満足する物を見つけることができて、とても充実した1日でした。あとは、その友達が気に入ってくれることを祈るばかりです。

—admin | コメントは受け付けていません。
(posted in Book)

Starburst Theme designed by Claire
powered by WordPress 3.8.3 | valid XHTML and CSS